おりもの 臭い 対策

すそワキガを治療する

すそわきがは位置的にも、治療が難しいように思えますが、治療できないわけではありません。
本当に直したいのであれば、諦めないで治療しましょう。

 

 

すそわきがの治療方法

すそわきがの治療方法は、保存療法と、手術方法の二つがあります。
しかも、保存療法は、自分でできるものもあります。
ここで、保存療法について詳しくご紹介いたしますので、参考にしてみてください。

 

 

アンダーヘアの処理をする

すそわきがの保存療法は、まさに「アンダーヘアの処理」のことです。
デリケートゾーンは湿気が強く蒸れやすいので、アンダーヘアを処理することで
汗を流れやすく、乾きやすくするのです。
難易度は高いですが、すそわきがの治療には一番簡単な方法になります。

 

 

アルコール消毒をする

もう一つの保存療法が、アルコール消毒をする、というものです。
汗を拭くのと同時に、余分な細菌を取り除き、清潔にすることで強いにおいを防ぐ、というものです。

 

ただ、どちらも全く根本的な改善にはならないのが欠点です。
処理する場合には、特にしっかりと、入念に注意して剃刀を当てていく必要がありますし
シェービングクリームなども必ず使ってください。
当然、使用するクリームも低刺激で、体に合ったものが必要です。

 

消毒する場合も、消毒液などのアルコールにアレルギーがあったり、肌が弱いことで
かぶれが起こったりする可能性もあります。
もし注射などでもかぶれたりすることがあるなら、この方法はやめてください。

 

そして、もう一つ、医療機関でやる保存療法が、ボトックス注射です。

 

 

ボトックス注射

ボトックス注射とは、アポクリン腺からの汗の分泌を一時的に完全に止めるというもので
例えば夏場などに若干の効果が見込めるものです。
もちろん費用は掛かりますが、効果としては絶大なものがあり、とてもおすすめです。

 

1回注射することでおよそ4か月ほどは効果が持続すると言われていますので
付き合い始めなどに打っておくと、良いかもしれません。

 

以上3つまとめて行きましたが、やはり一番効果が高いのは、アポクリン腺の除去手術です。
ただ、費用も高いので、十分に検討してください。

 

強いにおいが出るのはとてもショックですが、遺伝によるものですので、少しは致し方ない部分もあります。
悩みが大きいなら、手術もいいですが、デリケートゾーンはとても敏感で弱いので
こまめに保存療法をして、付き合っていくのも有効だと思います。