おりもの 臭い 対策

おりものが臭い人の対策方法とは

普通、おりものという語感は何か不潔なように思えるかもしれませんが、
女性のおりものは必要なもので、ただしそのおりものに異常な臭いが無いという条件がつきます。
おりものが異常に臭うという時には、その原因を突き止めて、しかるべき対処をする必要があります。

 

おりものが安心できる場合

おりものは自然のもので、女性は誰でもおりものがあります。
その場合、おりものは基本的には無色で無臭ですが、
やや甘いような酸っぱいような臭いがすることはあります。
おりものの甘酸っぱい臭いの元は膣内を雑菌から守るデーデルライン桿菌という善玉菌が乳酸菌の一種だからです。

 

おりものが油断できない場合

膣内にはデーデルライン桿菌が常駐していて、膣内で雑菌が繁殖するのを防いでいます。
したがってこの善玉菌が減少すると、雑菌が増えてそれがおりものの異常な臭いになります。
そうではなくおりものの臭いがややきつくなるのは生理の前などで、
これは卵胞ホルモンの分泌が活発化するからです。
しかし、そうではなく、雑菌が増えたことでの臭いは、きちんと対処する必要があります。

 

膣周辺はとかく雑菌が繁殖しやすい

膣周辺には大陰唇や小陰唇があり、これはお風呂やシャワー、
あるいはビデできれいに正しく洗えば汚れや皮膚のカスは洗い流すことができます。
また、膣周辺にあるアポクリン汗腺からの汗はたんぱく質や脂質を含んでいるので、
これもきちんと拭き取ればいいのですが、汗が残っていると雑菌の餌になります。
そうすると当然雑菌が増えて、おりものの臭いが強くなります。

 

ストレスなどで体調不良だとおりものが臭う

ストレスなどで体調不良になると女性ホルモンが乱れて、それがデーデルライン桿菌を減らします。
デーデルライン桿菌が減ると、雑菌がしぶとく繁殖しておりものが臭うようになります。
なお、風邪薬で抗生物質を服用すると、これがデーデルライン桿菌を殺菌するので
やはりおりものが臭う原因になります。